【プジョー 207CC 発表】安定感を増した走り

自動車 ニューモデル 新型車

【プジョー 207CC 発表】安定感を増した走り
  • 【プジョー 207CC 発表】安定感を増した走り
  • 【プジョー 207CC 発表】安定感を増した走り
  • 【プジョー 207CC 発表】安定感を増した走り
  • 【プジョー 207CC 発表】安定感を増した走り
  • 【プジョー 207CC 発表】安定感を増した走り
  • 【プジョー 207CC 発表】安定感を増した走り
プジョー『207CC』の走りはハッチバックの「207」同様、大幅に走行安定性が高まっている。『206CC』はボディ剛性の低下や、電動リトラクタブルハードトップを装備することによる重量増加が走りに大きな影響を与えていたが、207CCではそのネガティブ部分がうまく抑えられている。

プジョージャポン、サービス部品部の鈴木聡さんは「207CCもフロアボディやピラー部分に補強を加え、ボディ剛性を高めています。これらは206CCでも行なっていましたが、207はベースの剛性が高まっているので、よりこれらの補強が効果を発揮してくれています」という。

「車両重量はハッチバックに比べて補強やリトラクタブルハードトップを積むことで190kgほど重くなっていますが、新開発のエンジンを搭載していますので、重さによる影響は少なくなっています」

実際に207CCの走りは、クーペカブリオレを感じさせない仕上がりだ。オープン時のボディ剛性が高まり、ハンドリングのリニアリティも206CC比べて大幅に高まっている。ワインディングをソコソコの速度で走っていても、ステアリング操作に対して忠実にクルマが動いてくれる。

足まわりは重量増加に合わせてセッティングが変更されているが、車両重量が重くなったことでダンピングに重厚感が出て、乗り心地はハッチバックよりもよくなったたように感じる。

パワートレインはハッチバックと共通でスペックも同じ。4速ATのギア比も同じなので、ハッチバックよりも多少クルマの重さは感じるが、街なかで力不足を感じることはないだろう。エクステリアの美しさや、オープンの開放感に注目が集まるクルマだが、安定感を増した走りも207CCの大きな魅力だ。
《岡島裕二》

編集部おすすめのニュース

特集