【プジョー 207CC 発表】すべての性能が進化

自動車 ニューモデル 新型車

【プジョー 207CC 発表】すべての性能が進化
  • 【プジョー 207CC 発表】すべての性能が進化
  • 【プジョー 207CC 発表】すべての性能が進化
  • 【プジョー 207CC 発表】すべての性能が進化
  • 【プジョー 207CC 発表】すべての性能が進化
  • 【プジョー 207CC 発表】すべての性能が進化
  • 【プジョー 207CC 発表】すべての性能が進化
2000年にコンパクトカークラスでは初めてのクーペ&カブリオレとなる『206CC』を導入したプジョーが、6月18日に206CCの後継モデルとなる『207CC』を日本市場で発売した。

207CCは、3月に日本での販売を開始した「207」のハッチバックモデルをベースに作られたクーペ&カブリオレ。ボディサイズは206CCよりも全長220mm、全幅75mm、ホイールベース100mmも拡大されている。

パワートレインもハッチバック同様に、BMWと共同開発したバルブトロニック付の1.6リットル自然吸気と1.6リットルのターボエンジンを設定した。

プジョージャポン、サービス部品部の鈴木聡さんは「206CCは全世界で36万台もの販売を記録しており、世界でもっとも売れているクーペカブリオレです。また日本での販売も好調で、206シリーズでは17%をCCが占めておりましたので、207CCにも期待しています」という。

「207CCはボディサイズを拡大したことで、バランスの取れたスタイリングや、優れた居住性を手に入れています。ほかにもトランクルームの容量もアップして積載性も向上させています」

「また、207CCには横転時にリヤシートの乗員を守るために、横転を検知すると瞬時に20cm上昇するオートマチックロールバーを装備して安全性を高めています。207CCはすべての性能が大きく進化したクーペ・カブリオレです」

207CCのスタイリングは206CCよりも洗練されており、走らせた印象もコンパクトカーのクラス感を感じさせない仕上がりだった。7年ぶりに登場したプジョーのクーペ・カブリオレは全性能を大きく進化させている。
《岡島裕二》

編集部おすすめのニュース

特集