【ADVANモータースポーツ07】スピードとエコロジーに挑戦

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

【ADVANモータースポーツ07】スピードとエコロジーに挑戦
  • 【ADVANモータースポーツ07】スピードとエコロジーに挑戦
  • 【ADVANモータースポーツ07】スピードとエコロジーに挑戦
  • 【ADVANモータースポーツ07】スピードとエコロジーに挑戦
横浜ゴムは22日、2007年のモータースポーツ活動計画を発表した。横浜ゴムはスポーツタイヤブランド「ADVAN」を全製品に拡大し、グローバルフラッグシップブランドとして展開してきた。2007年も数々のレースを支援すると共に、自動車を取り巻く環境にも配慮し、世界トップレベルの環境貢献企業へと新たなステップを進めていく。

活動計画の発表に先駆けて、横浜ゴムの南雲忠信社長が登壇し、ADVANブランドの意味を紹介した。ADVANという言葉にはAdvantage(優位、優勢)、Advanced(先進)の意味がある。ロゴデザインの黒は路面、タイヤ、確かな技術をイメージし、赤はスピリットを示す。また、右上がりの線がだんだん太くなっていくマークには、成長と少しずつ強くなっていくという意思を表現したものだ。

モータースポーツにおける取り組みにより、ADVANは世界のスポーツカーや高級乗用車に採用されている。また、乗用車以外にもADVANブランドの信頼性が評価されており、ボーイング社の新型旅客機ボーイング『777』のタイヤにも採用されたというエピソードが紹介された。

また、“エコモーション”と名付けたスローガンの元で、世界の全拠点で環境に配慮した経営を行うこと、産業廃棄物の100%再資源化、2017年度までに全商品を環境貢献商品にするという決意を表明した。
《杉山淳一》

編集部おすすめのニュース

特集