東プレ、通期見通しを下方修正 冷凍車販売不振で

自動車 ビジネス 企業動向

東プレは、2007年3月期の連結決算の業績見通しで、収益見通しを下方修正した。

売上高は900億円を見込んでいたが、910億円に上方修正したものの、営業利益は70億円の見通しから65億円に、経常利益は73億円から70億円に、当期純利益が37億円から36億円にそれぞれ下方修正した。

これは自動車向けのプレス関連製品事業は北米で新車種が順調に立ち上がったことから増収増益となる見通しだが、冷凍車部門が、下期が市場の縮小による売上げの減少する見通しで、収益率が大幅に悪化、プレス関連製品事業の増益分を上回る減益となる見通しで、業績見通しを下方修正した。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集