旭硝子、役員の退職慰労金を廃止、ストックオプションを導入

自動車 ビジネス 企業動向

旭硝子は、取締役の退職慰労金を廃止し、代わりに株式報酬型ストックオプションを導入すると発表した。3月29日開催の株主総会で提案する。

取締役の報酬制度改定の一環として実施する。それによると。3月開催の定時株主総会で取締役の退職慰労金を廃止する。これに伴って在任中の役員に対しては、所定の基準に沿って株主総会までの退職慰労金を支給することとし、各役員の退任時に支給する。

代わって株式報酬型ストックオプションを導入する。株価変動のメリットやリスクを株主と共有、取締役の株価上昇及び企業価値向上への貢献意欲や士気の向上を図る。対象は社外取締役を除く取締役4人。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集