BMW、米国市場にディーゼルエンジンを投入

自動車 ニューモデル 新型車

BMW、米国市場にディーゼルエンジンを投入
  • BMW、米国市場にディーゼルエンジンを投入
BMWグループは、2008年内にスポーティかつ経済的なディーゼルエンジン・モデルを米国市場に投入すると発表した。

BMWは、同グループとして史上初めて、グループの最大の市場であるアメリカ合衆国でディーゼルエンジンの販売を開始する。
 
BMWグループは、1983年から欧州でディーゼル車両を提供し、現在ではBMWブランドの販売の67%を占めている。ガソリン価格の高騰などから、米国市場でも、プレミアムカー・セグメントではディーゼルエンジンが受け入れられる素地が整ってきたと判断、導入に踏み切る。
 
BMWのディーゼルモデルは、欧州同様、米国でも“スポーツディーゼル”としての評価の確立を目指す。
 
BMWグループにとって、米国市場へのディーゼル車両導入は、「長期にわたって持続可能な成長を続けるためのコミットメント」としている。2009年からカリフォルニア州で施行される世界で最も厳しい排ガス規制法に適合し、排ガス量の最小化に注力したコンセプトで開発する。
 
米国市場に導入するBMWのディーゼル車両のモデルと諸元は、改めて公表する予定だ。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集