西川ゴム業績修正、自動車部品好調でも原材料高騰が打ち消し

自動車 ビジネス 企業動向

西川ゴム工業は、2007年3月期の連結決算業績見通しを上方修正した。

売上高は500億円を予想していたが、518億円に上方修正した。自動車用部品の受注が増加する見込みのため。ただ、原油価格高騰でゴムの原材料費用や燃料費が上昇しているため、経常利益34億円に据え置いた。

当期純利益は単独決算で固定資産除却損などの特別損失の計上を見込んでおり、25億円で据え置いた。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集