日産ディーゼル、トラック販売競争激化で増収減益

自動車 ビジネス 企業動向

日産ディーゼル工業が発表した2006年9月中間期の連結決算は、売上高が前年同期比1.8%の2483億円、営業利益が同4.9%減の148億円と、増収減益だった。

新車販売は、国内が同0.9%減の10万6000台と微減だった。国内普通トラックの全需は、同8.3%増の5万6428台と好調に伸びた。しかし、販売競争が激化し、同社は値引き競争を抑えた。普通トラックのシェアは1.4ポイントマイナスの17.3%にとどまった。

一方の海外販売台数は、同13.7%増の10万8000台と、2ケタの伸びだった。海外販売が好調だったため、売上高は増収だった。

収益面では、売上増で20億円の増益効果があったものの、資材費の高騰や開発費の増加、営業費用の増加で30億円の減益効果があった。このため、経常利益は同6.4%減の146億円だった。

当期純利益は、法人税などで73億円の減益効果があり、同48.7%減の87億円にとどまった。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集