鬼怒川ゴム、業績見通しを下方修正 リコールの特別損失で

自動車 ビジネス 企業動向

鬼怒川ゴム工業は、同社製品のリコールに伴って自動車メーカーから補償修理費用の求償を受けることが判明、特別損失を計上するため、2007年3月期の連結業績見通しを下方修正した。

同社の子会社が製造したゴムホース部品を納入したうち、北米で販売された一部車種で不具合が発生し、リコールとなった。対象台数は20万台で、自動車メーカーから補償修理費用の求償を受けることが判明、修理実績から算定した製品保証引当金繰入額を同社が4億円、子会社が11億円を特別損失として計上した。

今回の損失で、当期純利益に与える影響は9億8000万円。

同社は2007年3月期の連結業績見通しで、当期純利益を従来予想の5億円から3億円に引き下げた。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集