ミシュランもタイヤ卸価格の値上げを発表、乗用車で平均5.5%

自動車 ビジネス 企業動向

日本ミシュランタイヤは、タイヤのメーカー出荷価格を引き上げると発表した。

タイヤの原材料価格は依然として高水準で推移しており、同社では、生産性の向上やコスト削減などの企業努力で吸収しようとしてきたものの、企業努力のみで対応することが困難になってきたとしている。このため、この上昇分の一部を出荷価格に反映する。

今回の値上げでは、乗用車・ライトトラック用サマータイヤが平均5.5%、2007年2月1日から値上げする。トラック・バス用サマータイヤは平均8.0%で2007年4月1日から、建設・産業機械用タイヤ が平均10.0%で2007年1月1日から、農業機械用タイヤが平均3.0%で2007年1月1日からそれぞれ値上げする。

また、乗用車・ライトトラックの冬用タイヤの価格引き上げに関しては、後日発表するとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集