トヨタ紡織、中期計画を見直し---08年度に経常利益480億円

自動車 ビジネス 企業動向

トヨタ紡織は、2006年度から2008年度までの中期事業計画を見直した。2010年度に連結売上高1兆3000億円、連結経常利益率5%を達成するための取り組み。

新しい中期経営計画では、グローバルで技術力、商品力、供給体制、収益力を強化し、2010年度にグローバル内装システムサプライヤーとして、世界ビッグ3内装サプライヤー事業レベルを目指す。フィルターメーカーは、エアクリーナー、オイルフィルターで世界トップシェアを目指す。

これによって2005年度に連結売上高8775億円、営業利益337億円、経常利益378億円だった経営実績を2008年度に連結売上高1兆1500億円、営業利益460億円、経常利益480億円を目指す。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集