【VW イオス 日本発表】世界初、5分割ルーフシステム

自動車 ニューモデル 新型車

【VW イオス 日本発表】世界初、5分割ルーフシステム
  • 【VW イオス 日本発表】世界初、5分割ルーフシステム
  • 【VW イオス 日本発表】世界初、5分割ルーフシステム
  • 【VW イオス 日本発表】世界初、5分割ルーフシステム
  • 【VW イオス 日本発表】世界初、5分割ルーフシステム
  • 【VW イオス 日本発表】世界初、5分割ルーフシステム
フォルクスワーゲン(VW)が世界初としている『イオス』の5分割ルーフシステム。ドイツのヴェバスト社と共同開発したルーフの動きはちょっと複雑だ。その上、通常のスライディングルーフの仕組みも合わせ持っている。

この複雑なシステムの操作はセンターコンソールにある2つのスイッチを使う。大きなシルバーのスイッチを停車時(1km/h以下)に押すと開く。現在の一般的なパワーウインドと同じ操作だ。ロック解除の操作の必要もなく、このスイッチを押し続けるだけでフルオートでオープンに変身する。

このとき、ルーフの動作はまず、前後左右のウインドウが下がる。次にスライディングルーフが後方に下がるとほぼ同時に、リアガラスとCピラーがルーフの上に重なる。この状態では、上からリアガラス、スライディングルーフ、ルーフの3枚のパネルが重なっている。

そして、その3枚が重なったまま、トランクリッドとリアシート横のフラップが開き、トランク内に収納される。

ルーフの中央に位置するパネルはスライディングルーフが開いたため、後方上から見てU字型になり、ちょうどトランクからリアシートの左右にかけての形になっている。そのままトランクからリアシート左右にかけてに収納され、トランクリッドとフラップが閉じ、さらに前後左右のウインドウが上がり、オープン状態の完成となる。

この一連の動きは約25秒かかり、その間はスイッチを押し続ける。挟み込みの恐れがあった場合は手を離せばすぐに動作は止まる。また、トランクリッドが開く際、後方に38cmの空間が必要だ。「2.0T」の一部を除きリアの駐車センサーによってクリアランスを計測し、不足の場合は警告が出る。
《正田拓也》

編集部おすすめのニュース

特集