トヨタがマット芝を開発 簡単に屋上緑化

自動車 ニューモデル 新型車

トヨタ自動車は、省管理型コウライシバ「TM9」を屋上緑化用の基盤材に活着させたマット芝「TM9ターフマット」を開発し、子会社であるトヨタルーフガーデンを通じて25日から受注を開始すると発表した。

トヨタでは植物による環境改善を推進するため、これまで、大気浄化能力が高いチェリーセイジやクチナシ、草丈が低いため芝刈り回数を低減できるTM9を開発し、トヨタルーフガーデンを通じて販売してきた。今回開発したTM9ターフマットは、屋上やバルコニーの緑化促進に貢献でき、ヒートアイランド現象の緩和やCO2の低減が図れる。

TM9ターフマットの主な特長は、芝生、育成基盤、排水層を一体化させており、防根用のシートの上に置くだけで芝生の緑化が完成するため、工事期間が短く、工事直後から芝生を利用することが可能だ。また、芝生には草丈が低いため芝刈り回数を低減できるTM9を使用しており、施工後の管理も容易だ。自動散水装置としてドリップチューブを基盤材と芝生の間に設置が可能で、風や水圧の影響なく散水できる。重量は1平方メートル当たり湿潤重量35kgと軽量で、ルーフバルコニーなどにも設置が可能。

当面は受注生産による販売を行なう。納期は季節によって異なる。

トヨタでは、今後もこうした環境改善に適した植物の開発や提供を続けていく方針。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース