市光工業が中間期の業績見通しを上方修正

自動車 ビジネス 企業動向

市光工業は、2006年9月中間期の連結決算の業績見通しを上方修正した。

中間期の連結売上高は580億円と据え置いたが、合理化や2年前から展開してきた品質向上のための設備投資の効果によって、収益率が改善し、当初の予想を上回る見通しとなった。

経常利益は、6億5000万円を予想していたが11億円に、当期純利益は2億5000万円を予想していたが5億5000万円と、それぞれ当初見通しよりも倍以上に増える見込みだ。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集