路上駐車の大型トラックに新聞配達のバイク激突

自動車 社会 社会

10日未明、茨城県土浦市内の県道で、路上駐車していた大型トラックに対し、後ろから走ってきた新聞配達員の原付バイクが衝突する事故が起きた。バイクは転倒し、運転していた男性が死亡している。

茨城県警・土浦署によると、事故が起きたのは10日の午前3時5分ごろ。土浦市文京町付近の県道で、路上駐車していた大型トラックに対し、後ろから走ってきた原付バイクが衝突した。

衝突によってバイクは転倒し、乗っていた55歳の新聞配達員の男性は近くの病院に収容されたが、全身強打が原因で約1時間後に死亡している。警察ではトラックを運転していた39歳の男を業務上過失傷害の現行犯で逮捕。男性の死亡後は容疑を同致死に切り換えて調べを進めている。

現場は片側2車線の県道で、トラックは歩道側の第1車線に路上駐車していた。しかし、付近には街灯が無く、トラックもハザードランプの点灯は行っていなかった。トラックを運転していた男は、警察の調べに対して「車内で寝ていた」などと話しているという。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集