運賃を支払えなくなって、タクシー運転手の首絞める

自動車 社会 社会

1日未明、北海道新十津川町内の町道で、タクシーの運転手が客を装って乗り込んだ男に襲われる事件が起きた。男は運賃約1万5000円を踏み倒して逃走。運転手にケガは無かった。警察では強盗容疑で捜査を開始。22歳の男を3日に逮捕している。

北海道警・滝川署によると、事件が起きたのは1日の午前2時30分ごろ。新十津川町花月付近の町道を走行していたタクシーの車内で、客として乗り込んだ若い男が運転していた53歳男性の首を羽交い絞めにした。運転手はクルマを止め、近くの民家に助けを求めたが、男はこの間に逃走。運賃約1万5000円を踏み倒した。

男は滝川市内からタクシーに乗車。クレジットカードで決済が出来なかったことから「新十津川町内の自宅に行く」と告げ、向かっている途中だったという。

警察では強盗事件として捜査を開始。3日に22歳の男を強盗容疑で逮捕した。男は事件後、ほとぼりが醒めるまで現場近くの山に潜伏していたと供述しているという。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集