旭テック上方修正---トラック部品好調で黒字転換へ

自動車 ビジネス 企業動向

旭テックは、2006年9月中間期の連結決算の業績見通しを上方修正した。

売上高は、412億円を予想していたが、430億円に上方修正した。これはトラック、建設機械部品の需要増で、ダクタイル事業、アルミ事業が当初の見通しを上回るのに加え、テクノメタルや豊栄工業などの連結子会社がトラック、オートバイ部品の販売が需要の増加で当初見通しを上回るためだ。

経常利益も当初見通しの3億円から6億円に上方修正したほか、中間期純損益は、1億円の赤字から7000万円の黒字と黒字転換する見通し。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集