ワゴン型タクシーが横転、女性1人が死亡

自動車 社会 社会

16日未明、群馬県高崎市内の関越自動車道上り線で、ワゴン型タクシーが道路左側のガードロープに衝突して横転する事故が起きた。この事故で乗客1人が車外に投げ出されたうえ、横転してきた車体の下敷きになって死亡。運転手を含む6人が軽傷を負った。

群馬県警。高速隊によると、事故が起きたのは16日の午前4時35分ごろ。高崎市日高町付近の関越自動車道上り線で、新潟県上越市から千葉県成田市に向かっていたワゴン型タクシーが、道路左側のガードロープに衝突した。

タクシーには乗客6人が乗車していたが、このうち最後部の座席にシートベルト未着用のまま乗車していたとみられる57歳の女性が車外に放出。路上に投げ出された後、横転してきたタクシーの下敷きになって死亡したほか、運転手を含む6人が打撲などの軽傷を負っている。

警察ではタクシーを運転していた49歳の男を業務上過失傷害の現行犯で逮捕。女性の死亡確認後は容疑を同致死傷に切り替えて調べを進めている。タクシーは成田国際空港に向かっていたという。
《石田真一》

関連ニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

特集

おすすめの商品