盗難バイクの少年、パトカーから逃れようとして単独事故

自動車 社会 社会

14日夜、鹿児島県鹿児島市内の市道で、パトカーの追跡を振り切ろうとした17歳少年運転の原付バイクが、交差点を進行してきた乗用車との衝突を回避しようと単独転倒する事故が起きた。警察ではこの少年を窃盗の容疑で逮捕している。

鹿児島県警・機動捜査隊によると、事件が起きたのは14日の午後11時ごろ。鹿児島市西千石町付近の市道でパトロールを行っていた同隊のパトカーに対して「暴走バイクがいる」との通報が入ったために捜索を行っていたところ、不審な原付バイクを発見した。

バイクは停止命令を無視して逃走したため、パトカーは追跡を開始。この直後、バイクは赤信号を無視して交差点に進入し、青信号に従って交差道路を進行してきた乗用車と衝突しそうになった。バイクは衝突を避けようとして急ハンドルを切った結果として単独転倒。運転していた17歳の少年は路上に投げ出され、打撲などの軽傷を負った。

後の調べで、少年が乗っていたバイクは前日に同市内で盗難されたものであることが発覚。少年はバイクの所有者の家にも侵入し、現金1万8000円も一緒に盗んでいたことを自供したため、警察ではこの少年を窃盗容疑で逮捕している。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集