BMW快挙、2年連続でインターナショナル・エンジンオブザイヤー受賞

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

BMWは、BMW『M5』と『M6』に搭載のV10エンジンが、シュトゥットガルトで開催された世界の著名ジャーナリスト約60人が選ぶ「インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤー2006」を2年連続で受賞したと発表した。2年連続の受賞は史上初。

BMW Mのエンジニアが受賞したのは5.0リットル507馬力の高回転エンジン。さらに、排気量4リットル超クラスでは「ベスト・パフォーマンス・エンジン2006」の第1位に輝いた。

『M3』に搭載され、現在では『Z4 Mロードスター』および「Z4 Mクーペ」にも搭載されている343馬力の3.2リットル直列6気筒エンジンは、排気量3リットルから4リットルのクラスにおいて6年連続の受賞を果たしている。これも同賞が始まって以来初の快挙。
 
また、排気量2.5リットルから3.0リットルのクラスでは「535d」に搭載の272馬力、3.0リットル・ツインターボ・ディーゼルエンジンが第1位に輝き、受賞に輝いた唯一のディーゼルエンジンとなった。
 
BMWのほぼ全てのモデルに搭載されている、258馬力/265馬力3.0リットル直列6気筒のガソリン・エンジンがインターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤー2006(総合)第2位を獲得した。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集