【F1ヨーロッパGP】サーキットデータ…温度変化に対応できるか

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

【F1ヨーロッパGP】サーキットデータ…温度変化に対応できるか
  • 【F1ヨーロッパGP】サーキットデータ…温度変化に対応できるか
  • 【F1ヨーロッパGP】サーキットデータ…温度変化に対応できるか
  • 【F1ヨーロッパGP】サーキットデータ…温度変化に対応できるか
昨年は最終ラップでトップを行くキミ・ライコネン(マクラーレン)のサスペンションが破損し、2位のフェルナンド・アロンソ(ルノー)が優勝したというドラマを生んだニュルブルクリンク。山間部にあるために天候が変わりやすく、温暖だったイモラからの急激な温度変化に対応することが求められる。シューマッハ兄弟を始めとし、ドイツに本拠地を置く多くのメーカーにとって母国グランプリとなるため、毎年多いに盛り上がりを見せる。

7日決勝
ニュブルクリンク
5.148km×60周=308.863km
●コースレコード:1分27秒691
2004年 佐藤琢磨(B・A・R)
●決勝ベストラップ:1分29秒468
2004年 M. シューマッハ(フェラーリ)
●URL http://20832.com/

●過去5年のポールポジション
2005 1分30秒081(205.734km/h)/ハイドフェルド(ウイリアムズ)
2004 1分28秒351(209.763km/h)/M.シューマッハ(フェラーリ)
2003 1分31秒523(202.493km/h)/ライコネン(マクラーレン)
2002 1分29秒906(206.055km/h)/モントーヤ(ウイリアムズ)
2001 1分14秒960(218.805km/h)/M.シューマッハ(フェラーリ)

●過去5年の優勝者
2005 アロンソ(ルノー)
2004 M. シューマッハ(フェラーリ)
2003 R. シューマッハ(ウイリアムズ)
2002 バリケロ(フェラーリ)
2001 M. シューマッハ(フェラーリ)
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集