『ミッション・インポッシブル』訴えられる

モータースポーツ/エンタメ 映画
今夏に公開予定の映画『M:i:III』(ミッション:インポッシブルIII)を制作している映画会社と、主演兼プロデューサーのトム・クルーズが、撮影中に大やけどを負ったスタントマンから訴えられていることが明らかになった。

事故は2005年6月、米カリフォルニア州にある撮影所で、トム・クルーズ演ずる秘密エージェントのイーサン・ハントが、敵の発射したミサイルを走りながらよけるシーンの撮影準備を進めていた時に発生した。

自動車にミサイルが当たり爆発するというシーンを撮影するため、セット内には爆発物が詰められた一台のシボレーがおかれていた。そして撮影が開始される前に、そのシボレーにスタントマンが近づいたところ突然爆発、スタントマンは全身の皮膚の60%が火傷する大けがを負った。

このスタントマンは、映画会社のパラマウント・ピクチャーズと、トム・クルーズの会社であるクルーズ/ワグナー・プロダクションズの2社に損害賠償を求める訴えを、米ロサンゼルスで起こしている。
《》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

おすすめのニュース