「軽い気持ち」で無免許運転、市議を逮捕

自動車 社会 社会

山梨県警は15日、無免許運転を行ったとして韮崎市議を務める57歳の男を道路交通法違反(無免許)の現行犯で逮捕した。

山梨県警・韮崎署によると、この男は15日の午前11時35分ごろ、韮崎市富士見2丁目付近の市道で同署が行っていた交通検問で無免許運転を発見された。近くにあるレンタルビデオ店に借りていたビデオを返却するために向かっていたとみられる。

男はこれまでにもシートベルトの非着用や軽微な速度違反を繰り返したことによって、今年1月末から60日間の免許停止となっていた。

調べに対しては「近くだし、他に手段もないので軽い気持ちで運転してしまった」などと供述しているという。このため、警察では免停処分を受けた後も恒常的にクルマを運転していた可能性があるとして調べを進めている。
《石田真一》

関連ニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

特集

おすすめの商品