【マツダ MPV 新型発表】ミニバンを越え、ミニバンに見えない

自動車 ニューモデル 新型車
【マツダ MPV 新型発表】ミニバンを越え、ミニバンに見えない
  • 【マツダ MPV 新型発表】ミニバンを越え、ミニバンに見えない
  • 【マツダ MPV 新型発表】ミニバンを越え、ミニバンに見えない
  • 【マツダ MPV 新型発表】ミニバンを越え、ミニバンに見えない
  • 【マツダ MPV 新型発表】ミニバンを越え、ミニバンに見えない
  • 【マツダ MPV 新型発表】ミニバンを越え、ミニバンに見えない
新型マツダ『MPV』のデザインテーマについて「お父さん(所有者)が、誇りを持てるスタイリングです」とデザイン本部デザイン戦略スタジオチーフデザイナーの大矢隆一さんは語る。

「ミニバンというと『家族のための』になってしまいますが、新型MPVは『お父さんが自分自身でも楽しめる、誇りを持てるデザイン』を目指しました。『プロポーション・ビヨンド・ミニバン』と言っていたのですが、ミニバンを越えて、ミニバンに見えないプロポーションを狙いました」

「たとえば、ガラスとロアボディの高さの比率を1:1に近づけるとミニバンに見えます。そこで新型MPVでは、ロアボディを厚くし、ミニバンには見えないようにしています。またホイールフレアは、スライドドアのミニバンとしては今までにないほど張り出させ、下半身のしっかりとした強さを出しています」

「さらに高い位置で折ったリアウィンドウや、ガーニッシュの追加でバンパーとの段差をなくしたリアゲート、小さかったり縦長だったりではなく横長の大きなリアランプなども、商用ミニバンぽさをなくし、『人間中心のピープルズムーバー』のイメージを表現できたと考えています」

ミニバンを越えて、スポーツカーやピープルズムーバーをイメージしてデザインされた、「お父さんも誇りを持てるデザイン」のクルマが新型MPVなのだ。
《松本明彦》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース