トラックが突っ込んだ2軒、同一の人物が関係

自動車 社会 社会

25日、京都府京都市内の2カ所でトラックが民家や事務所に突っ込み、塀や建物を破壊する事件が起きた。

京都府警・西陣署によると、1件目の事件が起きたのは25日の午前3時ごろ。京都市北区大将軍坂田町付近にある住宅にトラックがバックで突っ込み、ブロック塀を破壊した。運転していた人物はトラックを捨て、直後に逃走している。

また、同・下鴨署によると、午前3時20分には2件目の事件が起きている。左京区田中大堰町付近にある設計事務所の建物にトラックがバックで突っ込み、玄関付近を破壊した。この事件でも運転していたとみられる人物は逃走。現場から姿を消した。

1件目の事件で被害を受けたのは、2件目の被害を受けた設計事務所の役員宅で、事件に使用されたトラックはいずれも同じ建設資材会社から盗まれたものであることから、警察では同一の人物かグループが関わった悪質な嫌がらせとみて、器物損壊や窃盗の容疑で捜査を開始した。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集