水中へ車外放出、死亡

自動車 社会 社会

23日、岩手県久慈市内の国道でワゴン車が路外に逸脱。川に転落する事故が起きた。後部座席にシートベルト未着用で同乗していた男性が車外に放出、水中に投げ出されて死亡している。

岩手県警・久慈署によると、事故が起きたのは23日の午前10時ごろ。久慈市大川目町付近の国道281号線で、39歳の男性が運転するワゴン車が対向車線側に逸脱。そのまま道路右側のガードレールも突き破り、約20m下を流れる川に転落した。

ワゴン車は転落した際に後部のハッチドアが開き、3列目の座席にシートベルト未着用のまま乗車していた64歳の男性が水中に投げ出された。男性は約30分後に救出され、近くの病院に収容されたが、事故発生から約1時間30分後に死亡している。

現場は片側1車線で、緩く左カーブしたトンネルを出た直後にある直線路。警察ではトンネル内でスピードを出しすぎ、そのまま右側に向かって突っ切ったものとみている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集