パトカーに追跡されていたクルマが衝突炎上

自動車 社会 社会

19日、兵庫県西脇市内の国道で、対向車線側に逸脱した乗用車が順走していたクルマ2台と相次いで衝突、漏れたガソリンに引火して炎上する事故が起きた。この事故で2人が死亡、3人が重軽傷を負ったが、逸脱側のクルマは直前に発生した窃盗未遂事件の容疑でパトカーに追跡されていた。

兵庫県警・西脇署によると、事故が起きたのは19日の午後10時45分ごろ。西脇市和布町付近の国道175号線で、走行していたワゴン車が対向車線に逸脱し、46歳の男性が運転するRVと正面衝突。これを避け切れなかった35歳男性が運転する乗用車も追突した。

3台のクルマは大破し、漏れたガソリンに引火して激しく炎上。順走側のクルマに乗っていた3人は骨折などの重傷を負いながらも車外に脱出したが、逸脱側の2人は逃げ遅れ、鎮火後に焼死体として発見されている。

逸脱側のクルマは事故が起きる5分ほど前から、電話ボックス内に設置されているテレホンカードの自動販売機を盗み出そうとしていた容疑でパトカーに追跡されていた。パトカーが猛スピードで振り切られ、見失った直後に火柱が近くで上がったという。

警察では「追跡自体に問題は無かったと考える」とコメント。現場から逃走したもう1台のクルマの行方を追っている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集