ランプウェイから落下、高速道路のクルマ直撃

自動車 社会 社会

9日早朝、埼玉県鶴ケ島市内の関越自動車道・鶴ケ島ジャンクション(JCT)で、圏央道からのランプウェイを走行していた普通トラックが路外へ逸脱、フェンスを突き破り、約4m下の関越道下り線を走行する乗用車の真上に転落した。

双方のクルマは大破し、トラックを運転していた33歳の男性が死亡している。

埼玉県警・高速隊によると、事故が起きたのは9日の午前6時20分ごろ。

鶴ケ島市藤金付近の関越道・鶴ケ島JCTで、圏央道からのランプウェイを通り、関越道下り線に向かっていた33歳男性の運転する普通トラックがカーブを曲がりきれずにフェンスへ衝突。そのままこれを突き破り、路外に転落した。

トラックはのり面を横転しながら転落し、関越道の下り線を走行していた27歳男性の運転する乗用車を直撃した。男性は落ちてくるトラックに気づいて急ブレーキを掛けたが、避けきれずに衝突している。

この事故でトラックを運転していた男性が車外に放出され、全身を強く打って死亡。乗用車の男性にケガは無かった。

警察ではトラックがスピードを出し過ぎ、カーブを曲がれなかったものとみている。

事故を起こしたトラックからは積荷のプラスチック製パレット2トン分が広範囲に落下。これの回収と事故処理のため、関越道の上下線は最大約18km渋滞した。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集