乳児を人質、現金を奪った男を再逮捕

自動車 社会 社会

神奈川県警は6月27日、クルマに乗り込もうとした女性にモデルガンを突きつけて脅し、この女性の子供を人質にして現金を脅し取ったとして、別の身代金目的誘拐未遂事件で逮捕・起訴された33歳の男を逮捕監禁と強盗容疑で再逮捕した。

神奈川県警・捜査1課によると、問題の事件は5月26日の午後4時30分ごろに発生している。

神奈川県逗子市沼間1丁目付近のスーパーマーケット駐車場で、買い物を終えた31歳の女性がクルマに乗り込もうとしたところ、拳銃のようなものを持った男が強引に後部座席に乗り込み、生後7カ月の乳児にそれを突きつけた上で「子供がかわいいだろう。200万円おろせるか」と脅迫した。

男はこの女性に対して近くの金融機関に向かうように指示。このスーパーから約2.5km離れた横須賀市船越付近にある地方銀行のATM(現金自動預払機)で現金約86万円を引き出させるなど、男は総額約107万円を奪い、そのまま逃走している。

警察では逮捕監禁や強盗の容疑で捜査を開始したが、6月1日に横須賀市内で8歳の女児を身代金目的で誘拐しようとして逮捕・起訴された33歳の男が、この容疑に絡んでいたことをほのめかし、容疑の裏づけが取れたとして再逮捕に踏み切った。

男は「ギャンブルでつくった約7600万円の借金があり、この穴埋めに必要だった」などと供述しているが、額が非常に大きいため、警察では背後に暴力団などが絡み、犯行の指示を行っていた可能性も考えられるとして、捜査を続けている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集