国交省キャリア、泥酔して大暴れ…偏差値低い

自動車 社会 社会

神奈川県警は24日、泥酔してタクシーのドアを蹴ったり、運転手に殴りかかるなどして軽傷を負わせたとして、国土交通省・住宅局で係長職にある28歳の男を傷害の現行犯で逮捕した。男は制止しようとした警察官にも暴言を吐くなど大暴れした。

神奈川県警・青葉署によると、傷害の現行犯で逮捕されたのは、国土交通省・住宅局建設指導課で係長職にある28歳の男。

この男は24日の午後10時ごろに、都内からタクシーに乗り込んで「横浜の青葉台までとりあえず向かってくれ」と言って、そのまま睡眠した。

30歳の運転手は国道246号線を通り、横浜市青葉区つつじが丘(東急田園都市線・青葉台駅)付近まで走ってきたところでクルマを止め、寝ていた男に対して「青葉台まで着きましたが、この先はどこまで行きましょうか」などと声を掛けたところ、男は激怒。「誰がこんなところまで走れといった」などと怒鳴りながら、タクシーのシートやドアなどを数度に渡って蹴った。

運転手は男を制止しようとしたが、怒鳴りながら顔面を殴りつけるなどしたため、警察に通報。近くの交番から同署員が駆けつけた。

警察官は暴れる男を取り押さえようとしたが、この際に「偏差値の低い仕事しているんじゃない。お前ら偏差値が低いんだよ」など叫びながら大暴れを繰り返したため、男を傷害の現行犯で逮捕した。

後の調べで、男は国土交通省のキャリア職員であることが判明。また、当時は泥酔状態であり、翌日に聴取を行った際には自分が留置されていることに愕然とした様子だったという。

男は「逮捕されているということは何かやってしまったのだろうけど、正直言ってまったく覚えていない」など供述しているようだ。
《石田真一》

関連ニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

特集

おすすめの商品