ヤナセ、累計販売150万台納車式…気を遣います

自動車 ビジネス 企業動向

ヤナセは、累計販売台数が9月末で150万台を到達したことを記念してヤナセ東京支店などで、150万台目の受注と登録した顧客に記念品贈呈式を行った。
 
150万台目となったのは、新車登録がメルセデスベンツ『C55 AMG』、受注したのはキャデラック『ドゥビルDHS』で、それぞれヤナセの古市宏幸社長から記録証と目録が手渡された。
 
ヤナセは1915年から外国車の輸入を開始しているが、1952年に輸入自動車協会が設立されてからの累計販売台数が150万台を突破した。今回、GMジャパンとダイムラークライスラー日本の双方に配慮し、受注と販売で1回ずつ、150万台目を祝う納車式を2回開いた。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集