台風21号で保険金支払い額、231億円

自動車 ビジネス 企業動向

日本損害保険協会は台風21号による損害保険金の支払い見込み額が約231億円にのぼる見通しだと発表した。自動車保険金の支払い台数と金額は全国で1万1120台、54億6000万円になる。

台風21号は9月29日から30日にかけて九州、中国、四国、近畿、中部地区に被害をもたらした。損害保険金の支払い額が最も大きいのは九州地区で92億3200万円。自動車保険の保険金支払い額が最も大きいのは中部地区で24億4600万円(3898台)になる見通しだ。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集