「焼酎を5合は飲んだ」と豪語、コンビニを破壊

自動車 社会 社会

3日、大阪府堺市内にあるコンビニエンスストアの駐車場で、駐車場に入ろうとしていた乗用車が駐車中の軽自動車に激突。この軽自動車が押し出されて店内に突入し、ガラスなどを破壊した。

警察では乗用車を運転していた男を道路交通法違反(酒気帯び運転)の現行犯で逮捕した。

大阪府警・堺南署によると、事故が起きたのは3日の午後11時15分ごろ。堺市八田西町付近にあるコンビニエンスストアの駐車場で、駐車場内に入ろうとした乗用車が先に駐車していた軽自動車に激突。

軽自動車は乗用車に押し出されて店内に突っ込み、正面のガラスを約4mに渡って破壊し、商品棚の一部をなぎ倒してようやく止まった。軽自動車の運転者は店内にいたためにケガはなく、他の客やコンビニ従業員も無事だった。

警察では乗用車を運転していた33歳の男を道交法違反(酒気帯び運転)の現行犯で逮捕した。男は取り調べに対して「焼酎を5合は飲んだ。事故当時のことは記憶に無い」と話し、半ば開き直っているという。

今後は器物損壊容疑でも調べを進める方針だ。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集