因縁つけられ、男性が自分のクルマに監禁される

自動車 社会 社会

2日、大阪府大阪市北区内の市道で、路上駐車したクルマの中にいた男性が3人組の男に襲撃され、約3時間に渡って車内に監禁された後、現金を奪われる事件が起きた。警察では強盗致傷と逮捕監禁事件として調べを進めている。

大阪府警・曾根崎署、京都府警・向日町署によると、事件が起きたのは2日の午後11時30分ごろ。大阪市北区曾根崎1丁目付近の市道で、22歳の男性が路上駐車した自分のクルマの中にいたところ、25−30歳とみられる3人の男がクルマに接近し、「お前、何メンチ切っているんや」などと因縁をつけた。

男たちはクルマを蹴り始めるなどしたため、これを制止しようとした男性が車外に出ると、男たちは男性を近くのビルに連れ込み、数度に渡って殴打を繰り返した。

男たちは「精神を叩きなおしたる」などと言いながら、男性をクルマに監禁。約3時間に渡って連れまわし、途中で所持していた現金7000円を奪い、京都府長岡京市内で解放している。男性は顔などに軽い打撲傷を負っている。

警察では強盗致傷と逮捕監禁容疑で捜査を開始。逃走した男たちは長岡京市付近に土地勘がある、もしくは潜伏先があるとみて調べを進めている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集