トヨタ、価格対性能で最高評価

自動車 ビジネス 企業動向

トヨタ、価格対性能で最高評価
  • トヨタ、価格対性能で最高評価
ロサンゼルスのストラテジック・ビジョン社が毎年行っている、クルマの総合的な価値評価(TVI)の04年モデルの結果が発表された。

スモールカーからヘビーデューティトラックまで、全27のカテゴリーで、ユーザーの満足度、価格に対しての性能評価などを総合的にまとめたもの。

その結果、トヨタ(レクサス含)が6つのカテゴリーで最高評価を受け、全モデル中のトップとなった。続く第二位は、4つのカテゴリーでトップとなった現代だった。

一方ビッグ3は合わせて5つのカテゴリーでの最高評価に留まっており、アジア、ヨーロッパのメーカーとの格差がはっきりと現れている。

ストラテジック・ビジョン社では、「インセンティブがなければビッグ3のクルマは売れない」とばっさり切り捨てており、マーケットシェアをなんとか保てているのはインセンティブの力、と分析している。

全カテゴリー別のトップは以下の通り。

スモールカー:ヒュンダイ『エラントラ』
コンパクトカー:トヨタ『プリウス』
ミッドサイズカー:ヒュンダイ『XG350』/アキュラ『TSX』
ラージカー:マーキュリー『マローダー』

ニアラグジュアリーカー:『メルセデスベンツ』Cクラス
ラグジュアリーカー:レクサス『LS430』
スモールスペシャルティカー(2万5000ドル以下):『ミニクーパー』
スモールスペシャルティカー(2万5000ドル以上):メルセデスベンツ『Cクラスクーペ』
ミッドスペシャルティカー:ホンダ『アコードクーペ』/シボレー『モンテカルロ』
コンバーチブル(3万ドル以下):フォルクスワーゲン『ニュービートル』
コンバーチブル(3万ドル以上):キャデラック『XLR784』/レクサス『SC430』

ミニバン:キア『セドナ』
スモールSUV:ヒュンダイ『サンタフェ』
ミッドサイズSUV:トヨタ『4ランナー』
ラージSUV:トヨタ『セコイア』
ニアラグジュアリーSUV:レクサス『RX330』
ラグジュアリーSUV:レクサス『GX470』

コンパクトピックアップ:日産『フロンティア』
フルサイズピックアップ:フォード『F150』
ヘビーデューティピックアップ:ダッジ『ラム2500』/『3500』
《Sachiko Hijikata, US editor》

編集部おすすめのニュース

特集