横転したトレーラー、軽ワゴン車を押し潰す

自動車 社会 社会

28日、神奈川県横浜市内で大型トレーラーが横転し、軽ワゴン車を押し潰し、さらに別のトラックと衝突した。

この事故で軽ワゴンに乗っていた53歳の男性が死亡。トラックを運転していた60歳の男性が軽傷を負った。

神奈川県警・保土ケ谷署によると、事故が起きたのは28日の午前6時35分ごろ。横浜市保土ケ谷区狩場町付近の国道1号線で、国道16号線・保土ケ谷バイパスから1号下り線に合流するために左折しようとしていた、57歳の男が運転する大型トレーラーが横転した。

トレーラーは別の車線で信号待ちをしていた軽ワゴン車を押し潰し横転。さらに滑走し、60歳の男性が運転する普通トラックとも衝突した。

この事故で軽ワゴン車を運転していた男性が全身を強く打って間もなく死亡。トラックを運転していた男性も軽傷を負っている。

警察ではトレーラーを運転していた男を業務上過失傷害の現行犯で逮捕。軽ワゴン車の男性死亡以後は容疑を同過失致死に切り換えて捜査を進めている。

現場は国道16号線・保土ケ谷バイパスの狩場インターチェンジから国道1号線へ向かうための導入路で、緩やかな下り坂となっている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集