カルソニックカンセイが子会社2社を解散

自動車 ビジネス 企業動向
カルソニックカンセイは、連結対象子会社のオートモーティブ・モーターズ・テクノロジー・バーズタウン社とカルソニック・ソンジン社を解散すると発表した。

オートモーティブ・モーターズ・テクノロジー・バーズタウン社は、米国にあり、自動車用空調機器部品のメーカー。資本金は300万ドルで、カルソニックカンセイグループの出資比率は51%。今後の製品動向や価格競争力の観点から、役割を終えたと判断、今年5月に解散する。

カルソニック・ソンジン社は、オランダにある自動車用吸排気機器部品を製造している。資本金は45万3000ユーロで、カルソニックカンセイグループの出資比率は51%。

自動車用吸排気器部品の生産は、南アフリカ共和国のカルソニックカンセイの連結子会社に集約したため、3月31日に解散する。

これら2社の解散で、カルソニックカンセイの2004年3月期連結業績予想と2005年3月期連結業績に与える影響は無いとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集