大型トラックが高速道から転落

自動車 社会 社会

24日午前、宮城県仙台市内の東北自動車道上り線で、走行車線を走っていた大型トラックが道路左側のガードロープに接触した直後、それを乗り越え路外に横転、転落するという事故が起きた。幸いにも運転手にケガは無かった。

宮城県警・高速隊の調べによると、事故は24日の午前11時10分ごろに発生している。仙台市太白区茂庭付近の東北自動車道上り線で、走行車線を走っていた大型トラックが蛇行するような挙動を見せた直後、路肩を越え、道路左側にあるガードロープに接触した。

トラックはそのままガードロープに接触しながら走行していたが、やがてロープを支点とするように横転しながら路外に転落。斜面を数メートル転がって止まった。運転手は通報を受けて駆けつけた警察官に救助されたが、奇跡的にも無傷で済んだ。

警察では事故の原因を調べているが、トラックの左前輪がバーストしており、運転手も「左側に寄っていったまま修正が効かなくなった」と話している。このため、タイヤがバーストしたことでコントロールを失い、そのまま左側に傾き続けたことで転落した可能性が高いという

この事故の処理を行うため、現場付近では一時通行止めとなったが大きな混乱は生じなかった。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集