無免許で運転練習中に岸壁から転落---少年2人死亡

9日未明、熊本県御所浦町内にある嵐口魚港で、17歳の少年2人が乗ったクルマが暴走し、そのまま海に転落するという事故が起きた。少年は事故から約1時間後に沈んだクルマの中ら救助されたが、収容先の病院ですでに死亡していることが確認された。

自動車 社会 社会
9日未明、熊本県御所浦町内にある嵐口魚港で、17歳の少年2人が乗ったクルマが暴走し、そのまま海に転落するという事故が起きた。少年は事故から約1時間後に沈んだクルマの中ら救助されたが、収容先の病院ですでに死亡していることが確認された。

熊本県警・本渡署の調べによると、事故が起きたのは9日の午前3時45分ごろ。御所浦町嵐口付近にある嵐口魚港でいずれも17歳の少年2人がクルマがバックで突然暴走し、そのまま岸壁を一直線に走り抜けた。

クルマは後輪を岸壁から落とす状態となったが、運転席にいた少年は暴走によってパニックに陥り、そのまま加速を続けた。クルマはFF車だったため、床面を岸壁にこすりつけながらも暴走を続け、やがてバランスを崩して屋根部分から水面に落ちた。

一緒にいた別の少年が海に飛び込んで救助しようとしたが、しばらく捜索した後にこれを断念して警察に通報した。

通報を受けて駆けつけた警察官が消防などと共に救出作業に当たったが、夜間だったこともあり、2人の少年が海中から発見・救助されたのは事故から約1時間が経過したころだった。2人は病院に収容されたが、すでに死亡していたことが確認された。

死亡した2人のうち、どちらがクルマを運転していたのかは定かでないが、クルマは死亡した少年の父親が所有しているもので、現場にはこの少年が運転してきた。この少年は無免許ではあるものの、「クルマの運転には慣れていたようだ」と現場に居合わせた友人は供述している。

警察では死亡したもう1人の少年が運転方法を習っている最中、誤って暴走したのではないかと推測している。

事故当時は干潮で、岸壁から海面までの距離が3m近くあった。転落による衝撃でクルマは天井部分が大きく歪んでおり、乗っていた少年らが意識を失い、脱出することができずに死亡した可能性も高いとみられている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集