デンソー、ベトナム生産会社の開所式を開催

自動車 ビジネス 企業動向
デンソーは、ベトナムの生産子会社のデンソー・マニュファクチャリング・ベトナム社の開所式を行ったと発表した。開所式には、デンソー関係者以外に計画投資省のレー・バン・ホック局長など、ベトナム政府、ハノイ市の関係者ら120人が出席した。

ベトナムの生産会社は、2001年10月に設立、2003年8月にTGVアクチュエータ、12月にエアフロメータの生産を開始しており、今年4月からはEGRバルブなどの製品も追加する。生産する部品はすべて輸出し、主にタイやインドネシアなど、ASEAN地域内のトヨタ自動車に納入する。

また、2003年6月から、日本向け部品設計、アプリケーション設計、シミュレーションなどを行うデザインセンター事業も開始している。現在のスタッフは16人で、今後増員する。2005年度に従業員約460人、売上高4500万ドル(約500億円)を目指す。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集