口座引き落としで確実に自動車税を!!…香川県

自動車 社会 社会

香川県は27日、滞納が目立つ自動車税の納付率を上げるため、口座からの振り替え(引き落とし)利用を呼びかける「ゆうゆう納税キャンペーン」を開始した。

2月中に申し込みを済ませれば、5月に自動車税が指定口座から引き落とされ、金融機関に改めて出向く手間が省けるという。

これは香川県・税務課が27日に発表したもの。香川県の自動車税の滞納率は高く、個人県民税を除く県税全体の約73%を占めている。金額ベースでも収入未済額は約7億7000万円となり、県税収入未済額全体の22.8%を占める結果となった。

このため、県では税の納付をしやすくすることで自動車税の未納率も引き下げることを目的に、自動車税の口座振替利用を呼び掛ける「ゆうゆう納税キャンペーン」を実施することになった。

未納の理由として、常に高い割合を占めているのが「金融機関の窓口が開いてる時間に払い込みに行けない」ということであることから、事前に登録すれば納付時期に指定口座から自動引き落としとなるようにした。

そして「県民にアピールするためには、まずは身内から」という目標を定め、警察官や県立学校の教職員、県立病院の職員を含む県職員、市町職員、県内の国税局、税務署の職員やその家族を対象に各所属長を通じて口座振替の利用を呼びかけることとした。

また、県の税務課や県税事務所の職員が県内の企業(従業員500人以上の規模)へ訪問を行い、口座振替のメリットを説明するキャラバンも行うとしている。もちろん一般の人も利用可能で、申込書は1月末から県税を取り扱っている金融機関で配布が始まる。

税務課では「口座振替による件数を増やして納付率を向上させるだけではなく、口座振替利用の全国トップも目指したい」とコメントしている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース