6月の輸入車販売は横ばい---外国メーカー車のマイナス止まらず

自動車 ビジネス 企業動向
6月の輸入車販売は横ばい---外国メーカー車のマイナス止まらず
  • 6月の輸入車販売は横ばい---外国メーカー車のマイナス止まらず
日本自動車輸入組合が発表した6月の輸入車新車販売台数は、前年同月と比べて横ばいの2万6672台となった。外国メーカー車は依然としてマイナスだった。

外国メーカー車の販売台数は、同6.7%減の2万3950台だった。主力メーカーのフォルクスワーゲン(VW)やBMW、これまで好調だったプジョーの販売が落ち込んだのが主因だが、日本メーカーの海外生産車は、同172.2%増の2722台と2倍以上に増加した。

景気低迷で、高級な輸入車の需要は低調なものの、日本メーカーが海外生産車の輸入を進めているため、全体としては横ばいで推移している。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 6月の米自動車販売は増加、でも利益は? 画像 6月の米自動車販売は増加、でも利益は?
  • 上半期、輸入車販売は日本メーカーの輸入車販売好調でプラスを維持 画像 上半期、輸入車販売は日本メーカーの輸入車販売好調でプラスを維持
  • 5月の四輪車輸出は2カ月ぶりのマイナス 画像 5月の四輪車輸出は2カ月ぶりのマイナス
  • 6月の軽自動車販売……ダイハツ、三菱好調でもホンダ、日産が足引っ張る 画像 6月の軽自動車販売……ダイハツ、三菱好調でもホンダ、日産が足引っ張る

おすすめのニュース