SUV同士のサイドクラッシュテストの悲惨な結果

エコカー 燃費

SUV同士のサイドクラッシュテストの悲惨な結果
  • SUV同士のサイドクラッシュテストの悲惨な結果
  • SUV同士のサイドクラッシュテストの悲惨な結果
SUVは安全か、という議論が続いているアメリカで、保険会社機構(IIHS)によるクラッシュテストの結果が発表された。今回対象となったのは小型、中型SUV12モデルだが、「合格」とされたのはスバル『フォレスター』、フォード『エスケープ』の2モデルのみ。

今回のテストは、ピックアップトラックやSUV同士の衝突を想定、サイドクラッシュの安全性について測定したもの。国の機関であるNHTSAがSUVと乗用車を想定したテストのみを行っているのに対し、さらに踏み込んだ内容となっている。

合格点がついた2モデルに次いで評価が高かったのはヒュンダイ『サンタフェ』で、4段階評価の上から2番目。「ぎりぎり」という評価だったのはジープ『ラングラー』とホンダ『CR-V』で、残りのモデルはすべて「不合格」評価だった。特に評価が低かったのは三菱アウトランダー。

IIHSによると、サイドクラッシュでドライバーなどが頭部に負傷を受け死亡するケースは増加傾向にある、ということで、今回のテストもダミーを使ってよりダメージを正確に割り出す手法が取られた。今回の結果により、SUVの安全神話がまたひとつ崩れそうだ。
《Sachiko Hijikata, US editor》

編集部おすすめのニュース

特集