東風汽車社長の中村日産常務は次期日産COO候補

自動車 ビジネス 企業動向
東風汽車社長の中村日産常務は次期日産COO候補
  • 東風汽車社長の中村日産常務は次期日産COO候補
  • 東風汽車社長の中村日産常務は次期日産COO候補
日産自動車は9日、中国・東風汽車との合弁会社「東風汽車有限公司」を設立、同社の社長に当たる総裁には、このプロジェクトを担当してきた中村克己・執行役員常務(49)が就任した。中村氏は、カルロス・ゴーン社長の後任として2005年に就任するCOO(最高執行責任者)の有力候補のひとりであり、今後、中国事業を軌道に乗せるという「最終試験」に臨むことになる。

中村氏は新・東風汽車の経営会議の議長を務め、今年11月中には同社の中期事業計画も取りまとめることにしている。ここでのリーダーシップが日産COOへの登竜門ともなりそうだ。

ゴーン社長は05年に仏ルノーと日産のCEO(最高経営責任者)を兼務することになっており、日産では同年に日本人のCOOが就任する。ゴーン社長は今月の株主総会後には共同会長を兼務する。05年の時点ではゴーン社長がCEO兼共同会長、また新任のCOOは社長兼務になる見通しだ。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集