共通化で部品種類を10分の1に---日野が大幅コスト削減

自動車 ビジネス 企業動向

日野自動車は29日、2003年度からの新中期計画(3カ年)で部品種類の大幅削減による原価低減を推進する。最終年度の05年度末までに昨年度比で30〜50%の低減を目標にしている。

原価低減は小型から大型トラックに至るまで、大胆な部品種類の削減によって推進する。例えばドアは小型トラックも中型、大型トラックも基本は1種類にする。またシャシーフレームについても現在の16型を2型に集約するなどの見直しを行う。各ユニット(種類)ベースで実に10分の1とする大胆な見直しとなる。

これにより、日本・アジア向けでは30%、中国向けでは50%の原価低減を図る。見直しは、新モデルから順次実施。国内向けでは今年末に投入する新型の大型トラックが適用第1弾となる。同日発表した新中期計画では05年度の連結営業利益目標を420億円(02年度は191億円)としており、売上高に対する営業利益率も4.8%(同2.3%)に引き上げる計画だ。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース