ジャガー、モナコGPでトレードマークをピンクに

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

ジャガー、モナコGPでトレードマークをピンクに
  • ジャガー、モナコGPでトレードマークをピンクに
ジャガー・レーシングはR4のエンジンカバーに描かれているジャガーのシンボル「リーピング・キャット」をモナコGPに限り、白ではなくピンクにすることを明らかにした。これは世界的なダイアモンドのトレード会社、シュタインメッツが29日木曜日にカジノ前でシュタインメッツ・ピンク(59.60カラット)とダイアモンドコレクションのお披露目を行うのにちなんで、企画されたもの。

F1マシンのパワーとダイアモンドのきらめきがタッグを組むのは初めての試みで、「リーピング・キャット」の目には本物のダイヤが埋め込まれる。シュタインメッツではGP開催中の4日間、モナコでイベントを開催。映画、音楽、ファッション業界からたくさんのゲストが来場する予定だという。
《編集部》

編集部おすすめのニュース