【デザイン特別講義】中野上席研究員が明かす、ホンダの“愛”

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

【デザイン特別講義】中野上席研究員が明かす、ホンダの“愛”
  • 【デザイン特別講義】中野上席研究員が明かす、ホンダの“愛”
  • 【デザイン特別講義】中野上席研究員が明かす、ホンダの“愛”
  • 【デザイン特別講義】中野上席研究員が明かす、ホンダの“愛”
去る4月17日、東京江戸川区のデザイン専門学校、TCA=東京コミュニケーションアートで、ホンダの“カリスマデザイナー”、中野正人上席研究員(本田技術研究所・和光研究所)が特別講義を行った。ホンダのモノ作り、デザインの本質を若いデザイナー予備軍に語りかけた。

「製造業には“3つの喜び”がある。作って、売って、買って喜ぶ。こういうと何となく分かった気になってしまうので(笑)、もう少し考えてみよう。この3つの喜びは、順に、自分に誇れる仕事をしろ、相手を幸せにしろ、世の中のためになれ、そして胸を張れ、と私は解釈する」

「つまりモノ作りとは“人と在る”ことをめざす、すなわち“人間愛”のことだ。ホンダは人間愛の実行に一所懸命な組織体でありたいと思う」

中野上席研究員は1973年に本田技術研究所に入社。『S600』、『S800』が好きで、学生時代は、すでに中古車となっていたS800に乗っていた。S600/800の再来をめざしホンダに入社、25年後、ついに『S2000』をプロデュースして想いを遂げた。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集