ゴールデンウィーク、クルマのトラブル予防策---ここが危ない!!

自動車 ビジネス 企業動向

ダイレクトライン(安田ライフダイレクト損害保険)のダイレクトサポートセンターでは、今年のゴールデンウィークを迎えるにあたって、広く一般ドライバーに走行前の車の点検・整備と安全運転の励行を呼びかけている。

ダイレクトサポートセンターでは、中・長距離ドライブ中のトラブル予防策として以下のポイントを挙げるとともに、充分な休息と余裕ある運転計画による安全走行を呼びかけている。

○バッテリー:液の点検・補充
○ラジエーター:冷却水の点検・補充
○ウィンドウォッシャー:液の補充
○タイヤ:外傷、空気圧、ホイルバランス点検・整備
○燃料:ガソリン補充

また、同社が昨年実施した全国7000以上のロードサービス拠点での緊急修理実態調査によると、件数全体の50%がバッテリー関連のトラブルで、以下の鍵開け(ドア閉じ込み、紛失)、燃料切などを大きく上回っているため、とくに電気系統の点検・整備を喚起している。

今年のゴールデンウィークは、国内経済の停滞、イラク戦争、重症急性呼吸器症候群(SARS)等海外旅行抑制要因により、国内でのマイカー利用旅行人数が増加し、中・長距離ドライブによる事故・トラブルも昨年同期間に比べ増加に向かうと予測される。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース