「ディーゼル規制様さま」規制特需で日産ディーゼルが業績を上方修正

自動車 ビジネス 企業動向
日産ディーゼル工業は、2003年3月期連結決算見通しを上方修正すると発表した。規制特需でトラックの国内販売が好調に推移、業績を上方修正した。

昨年の業績予想では、売上高が3700億円と予想していたが、3840億円に修正した。経常利益は40億円の見通しだったのを60億円に修正、最終損益は40億円の赤字から33億円の赤字に修正した。

業績見通しを上方修正したのは、排ガス規制が施行されるのを前に特需が発生していることや日産自動車向けの売上げが増加したのが主因だ。特別損失に計上する投資有価証券評価損約9億円を吸収して当期損益の赤字が縮小する。

連結有利子負債は、中間決算発表時の予想3950億円を下回り3875億円となる見込み。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース