日産レンタカーもトヨタに追随、料金を値下げへ

自動車 ビジネス 企業動向
日産自動車のレンタカー会社の日産ファイナンシャルサービスは、16日からレンタカーの基本料金を値下げすると発表した。トヨタレンタリースが『カローラ』クラスの料金を値下げしたため、これに追随する。

今回、日産レンタカーが料金を改定するクラスは、乗用車、ミニバン、ワゴン車で、平均11%引き下げる。同時に、利用者からの要望の多いカーナビゲーション装着を従来の1日1000円を無料にする。

今回の料金改定は、各車種クラス間の料金格差を縮小してレンタカーを気軽に使ってもらうのが目的。例えば12時間レンタルで、『キューブ』は従来6500円だったのが6000円、『セレナ』で現行1万6000円だったのが1万4000円に値下げされる。

大手のトヨタレンタリースがレンタカー料金を改定したので、日産もこれに対抗、トヨタがカローラクラスの値下げだったのに対して、日産はキューブクラスも値下げする。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース